木造住宅を埼玉で建てるときの手順や流れの解説

家作りを考え始めて、住宅会社を選ぶ段階になった時に、一体何を基準にして住宅会社を選べば良いのか分からない方は多いと思います。大切な木造住宅を作るのを任せる、誠実な住宅会社を埼玉で選ぶ方法を紹介します。住宅会社では新築住宅だけではなく、建売やマンション、リフォームを兼業している会社がありますが、新築住宅を建てる時は、新築住宅のみを扱っている住宅会社を選ぶと良いでしょう。何故なら新築住宅のみで仕事が成り立つ位、新築住宅を扱っている件数が多いことになります。また、実際に家を建てる大工さんも新築住宅の経験が豊富なため、安心して任せることができるのです。次に住宅会社に家を作る上での、明確な理念を持っているのかを確認することです。その会社の強みや得意分野を確認して、他社とはどう違うのかが明確にわかる住宅会社を選ぶと良いでしょう。

木造住宅には埼玉にもこんなメリットがあるのです

使用する木材や厚み、太さによって差は出てきますが、木造住宅は埼玉でも鉄筋コンクリート構造や鉄骨構造と比べて材料費は安くなります。適切な場所に上手に材料を使うことで、低コストが実現できるため、その分設備や内装に予算を回すことができます。しかし木造住宅というと、シロアリ被害や台風被害がイメージされますが、現在の木造住宅では強度がかなり上がっているので、シロアリが侵入しにくい処理がされていたり、台風や地震に耐えられる強度が計算されています。木造住宅の寿命はおおよそ30年と言われていますが、歴史のある国内建築物のほとんどは木造となっており、事実、建築から数100年以上も経っている木造住宅も存在しているので、メンテナンスを適切に行えば、木造住宅はとても耐久性が高い住宅なのです。

木造住宅が埼玉でできるまでの工事の流れ

木造住宅を実際に埼玉で建てる時の一般的な流れを紹介します。木造住宅が完成するまでの工期の目安は、木造2階建て程度の規模でおよそ4から6カ月と言われています。最初は家を建てる敷地の法的な規制や境界、道路などをチェックして現状の把握をします。建築する住宅がしっかり支えられる地盤なのかの調査をして、その結果によっては地盤改良工事を行います。地鎮祭や基礎を作るための処理を行ったら基礎工事に入ります。その後、梁や柱、母屋などの構造材を組立、上棟式を行います。躯体工事や屋根工事、外装工事を行った後は、内装の作り付けの棚や床のフローリング材、壁のクロス張りを行います。そして工事の全てが完了したら、施工会社によって外構も含めて建物の不具合についてチェックを行います。仕様書や設計図通りに作られ、傷などがないか、設備が正常に機能するのかを確認する大切な作業です。全てOKとなったら、施主に引き渡しとなります。